柑橘系の果物とビタミンC誘導体は別物!

ビタミンCに対する勘違いや注意点

ビタミンC誘導体で日焼け

一般的にレモンやみかんなどの柑橘系の果物を朝に食べると、日焼けしやすくなると言われています。ただ、これは柑橘系の果物に含まれるソラレンという成分によるものです。ソラレンは光毒性の成分で、太陽光に過剰に反応する性質があります。その為、朝に柑橘系の果物を食べると日焼けしやすいと言われているのです。ただ、ビタミンC誘導体化粧水にはソラレンは含まれていません。ビタミンC=柑橘系の果物というイメージのせいで、このような勘違いが生まれるのです。ビタミンC誘導体にはむしろ、日焼けを予防する効果が期待できるでしょう。

濃度は高い方が良いのか

ビタミンC誘導体に限らず、目の前の結果にこだわる方は成分が濃い方の商品を選びがちになります。確かに、成分が濃くなれば効果も高くなるでしょう。ただ、ビタミンC誘導体の場合は、必ずしも濃度が濃い化粧水の方が優秀だとは言えないのです。それは、ビタミンC誘導体の特性にあります。ビタミンC誘導体には皮脂の分泌を抑える効果があるので、濃度が濃すぎると必要以上に皮脂の分泌を抑えてしまうのです。肌の潤いを保つにはある程度の皮脂が必要なので、皮脂の分泌量が少ない方は注意が必要になります。

商品の記載をチェック

一般的にビタミンC誘導体配合の化粧品には、ビタミンC誘導体という名前を表記することが禁じられています。ビタミンC誘導体ではなく、成分名で記載しているのです。その為、化粧品を買う際に誤ってビタミンC誘導体と記載されている商品を購入してしまう方もいるでしょう。ただ、上記で紹介したように化粧品の場合はビタミンC誘導体と記載することができないので、このような記載がある場合は雑貨として扱われます。雑貨として扱われている商品では、十分な効果が実感できない事が多いので、注意しておきましょう。

保存方法について

ビタミンCはとても熱に弱い成分です。ちょっとしたことで壊れてしまいます。ビタミンC誘導体にも同じようなことが言えるでしょう。肌の内部に浸透した後は紫外線から守ってくれる役割りを果たしてくれますが、化粧品自体に紫外線を浴びせてしまうのは危険です。成分が壊れてしまい、効果を発揮することができなくなってしまうでしょう。また、化粧品の種類によっては常温での保存ができない商品もあります。保存方法についてもしっかりと調べておくことが大切になります。基本的に直射日光には当てないようにしましょう。

正しい使用方法

ビタミンC誘導体化粧水を使用する方の中には、顔の気になっている部分にだけ使用したり、限られた季節のみ使用したりする方もいます。ですが、このような使用方法では十分な効果は得られません。肌の老化というものは、一部分のみではなく全体で推移するのです。その為、一部分のみ化粧水を使用していても全体の老化を防ぐことができません。また、限られた季節のみ使用していると、使用していない期間に肌が老化していきます。毎日継続して使用することが大切であることをしっかりと理解しておきましょう。

広告募集中