年々増加中のビタミンC誘導体入りの化粧品の驚くべき効果とは?

まずはどのような成分か知る

ビタミンC誘導体の効果をより高める

ビタミンCについて

一般的にビタミンCには抗酸化作用があることが知られています。その為、美白効果が期待され、様々な化粧品に含まれるようになっているのです。ただ、ビタミンCという成分は脆くて壊れやすい特性があるのです。肌に浸透する前に成分自体が壊れてしまうことも多く、単純に化粧品に含んだだけでは効果を実感する事ができないでしょう。そのような理由から、従来までの化粧品だとビタミンC本来の効果を実感しにくかったのですが、ビタミンC誘導体によってこの問題も解決させることに成功しているのです。

READ MORE
化粧品の種類とは

欠点を克服

ビタミンCはとても壊れやすく、脆い成分です。抗酸化作用が注目されていますが、肌に浸透する前に成分自体が壊れてしまうと意味がありません。このような問題を克服したのがビタミンC誘導体と言えるでしょう。ビタミンCを人工的に改良することで、不安定さを取り除き肌に浸透されやすくなったのです。成分が壊れずに浸透するため、ビタミンCの効果を十分に実感することができるでしょう。

READ MORE
化粧水の購入前に

誘導化される利点

従来までの化粧品だと、ビタミンCを単純に肌に塗るだけなので肌へ浸透する前に壊れてしまうことが多かったのです。美白効果を期待して利用を続けていた方の中には、十分な効果を実感できずに困っていた方も少なくなかったでしょう。ですが、ビタミンCを誘導体化させることによって、皮膚へ効率良く浸透させることができるようになりました。ビタミンCを壊すことなくしっかりと肌の内側まで浸透させる事ができるようになったのです。これにより、今まで効果を実感できなかった方でも、十分に効果を実感できるようになりました。

READ MORE
ビタミンCに対する勘違いや注意点

変化する成分

ビタミンC誘導体は、肌の内側までしっかり有効成分を行き届かせることができます。そして、肌の内側まで浸透した後にビタミンCに変化する特性を持っているのです。肌の内側にしっかりと浸透させてからビタミンCに変化することにより、抗酸化作用などの効果をより期待することができるようになりました。そのため、美白効果を実感できるでしょう。また、ビタミンC誘導体には水溶性と脂溶性、さらに水溶性と脂溶性の特徴を両方を兼ね備えている便利な3つのタイプに分かれます。好みに合わせて使い分けることができるでしょう。

READ MORE

ビタミンC誘導体の特徴について

誘導体の種類について

一般的にビタミンC誘導体は水溶性と脂溶性、そしてこの両方の特性を持った種類に分かれます。基本的に水溶性のビタミンC誘導体は、皮膚に吸収されやすい特徴を持っているのです。そのため、効率良く肌の内側まで浸透させることができるでしょう。また、水溶性のビタミンC誘導体が多く含まれている化粧品として挙げられるのが化粧水です。普段利用している化粧水をビタミンC誘導体配合の化粧水に替えることで、高い美白効果を実感することができるようになるでしょう。

クリームなどに配合

脂溶性のビタミンC誘導体というものがあり、これはクリームなどに配合されていることが多いタイプのビタミンC誘導体として有名でしょう。本来、ビタミンC誘導体は水溶性ですが、ビタミンCに脂を結合させることで脂溶性の特徴を持つことができるようになりました。一般的にエマルジョン状態にされています。水と脂を合わせたような成分で、一般的にクリームとして商品化されているのです。化粧水よりもクリームを利用することが多い方には、脂溶性のビタミンC誘導体を利用するのがベストでしょう。

化粧水とクリーム

化粧水に配合されている水溶性ビタミンC誘導体は、肌への馴染みも良いとされています。短時間で肌の内側まで浸透させることができるのが最大の魅力です。そして、基本的に短期間で効果を実感したい方は化粧水を利用する傾向があると言われています。また、脂溶性のビタミンC誘導体はクリームに配合されていることが多く、低刺激なのが特徴です。角質へ浸透するのに時間は掛かりますが、敏感肌や乾燥肌のような刺激に弱い肌を持っている方はクリームを利用すると良いでしょう。

両方の特性を持つ

水溶性と脂溶性という両方の特徴を持ったビタミンC誘導体は、両性ビタミンC誘導体と呼ばれます。文字通り水溶性と脂溶性の両方の特徴を持っており、主に化粧水に配合されていることが多いでしょう。両性ビタミンC誘導体の最大の魅力とは、浸透力の高さです。水溶性や脂溶性のビタミンC誘導体と比べても浸透力が高く、より効果的に肌の角質まで成分を浸透させることができます。両性ビタミンC誘導体は一般的なビタミンCの100倍の浸透力があると言われているのです。

ビタミンCに期待できる事ベスト5!

no.1

シミを改善することができる

一般的に肌にシミができてしまうと、老けて見えてしまいます。その為、多くの女性の方がシミ対策を施すことが多いでしょう。ビタミンCの特性として、酵素阻害作用や還元作用が挙げられます。この作用には、メラニン色素の生成を抑える役割りが期待できるのです。日焼けをすると赤く炎症してしまったり、シミができたりします。しかし、このような炎症やシミを抑えることが可能なのです。シミの予防にはビタミンAも有効ですが、シミが色素沈着している場合は、ビタミンCが有効とされています。

no.2

紫外線から肌を守る

強烈な紫外線を浴びることで肌に悪い影響を及ぼします。日焼けをしてしまうと、肌を炎症させてしまうでしょう。紫外線を浴びるとメラニン色素が反応してシミができてしまうことも多いのです。ビタミンCは活性酸素を分解することで、日焼けによる炎症を抑える効果があります。さらにメラニン色素を作り出す物質として知られているチロシンを抑える働きもあるのです。この2つの働きによって強い紫外線から肌を守ってくれます。夏場などは、ビタミンCを有効に利用して強い日焼けの炎症などから肌を守ることができるでしょう。

no.3

シワの改善にも

ビタミンCの特徴として挙げられるのがコラーゲンを増やす役割りです。コラーゲンは肌のハリを維持するのにとても重要な成分の一つでしょう。ビタミンCでコラーゲンの合成を増やすことによって、肌に弾力やハリを与えることができます。一般的にシワは肌の弾力やハリがなくなってしまうと増えてくることが多いと言われているのです。目尻の小じわなどが増えると、老けた印象を与えてしまうでしょう。肌のコラーゲンを増やしてシワを取り除くことで、いつまでもみずみずしく弾力とハリのある肌を維持することができるのです。

no.4

ニキビを防ぐ

ビタミンCには活性酸素を分解する働きがあります。ニキビの炎症を抑えるには、活性酸素を分解するのが有効なのです。活性酸素を分解することで、ニキビが治った後に色素沈着することも防ぐことができます。ニキビの痕を残すことなくしっかりとニキビを治すことができるのです。また、ビタミンCには皮脂の分泌を抑制する効果もあります。皮脂の過剰分泌はニキビができる原因として知られているのです。過剰に皮脂が分泌されることもなくなるので、ニキビを予防することもできるでしょう。

no.5

キメ細かい肌に

キメ細かい肌というものは女性の憧れと言えるでしょう。ビタミンCにはコラーゲンの生成を促すだけではなく、肌のターンオーバーを促進させる効果も期待できるのです。肌のターンオーバーを整えることができれば、古い角質を排除することができるので、毛穴などを引き締めることもできます。代謝を促し肌を健康な状態に保つことで、キメ細かい美しい肌を維持し続けることができるのです。キメ細かいスベスベの肌はさわり心地も良く、若々しさも与えてくれるでしょう。ビタミンCを利用することで、肌の状態を整えることも可能なのです。

ビタミンC誘導体化粧品の選び方

化粧水とクリームの違いは?

一般的にビタミンC誘導体は水溶性ビタミンC誘導体と脂溶性ビタミンC誘導体、そして両性ビタミンC誘導体の3つに分かれます。特に水溶性ビタミンC誘導体と脂溶性ビタミンC誘導体には大きな違いがあるので、自分の好みによって選んで使用することができるでしょう。そのため、迷った時の助けともなります。また、基本的に化粧水の場合は、水溶性ビタミンC誘導体を配合していることが多いのです。肌なじみの良さや、肌表面へ素早く浸透させたいと思っている方は化粧水を利用すると良いでしょう。

敏感肌でも利用できる?

敏感肌や乾燥肌の方でも、ビタミンC誘導体入りの化粧品を利用することができるので安心です。化粧水だと刺激が強いといった方は、クリームを利用すると良いでしょう。基本的にクリームに配合されているビタミンC誘導体は脂溶性のビタミンC誘導体です。そのため、低刺激なので肌へのダメージも少なくて済むでしょう。また、ゆっくりと肌の内側まで浸透するので十分な効果を実感することもできます。肌への刺激を抑えたい方は、脂溶性のビタミンC誘導体が配合されたクリームを利用すると良いでしょう。

ビタミンC誘導体化粧水選びの注意点は?

一般的に肌が乾燥しやすい方が、ビタミンC誘導体配合の化粧水を利用する場合の注意点として、濃度が挙げられます。肌が乾燥しやすい方の場合、皮脂の分泌を抑えすぎると逆に肌の乾燥を悪化させてしまう事があるのです。ビタミンCには皮脂の分泌を抑える働きもあるので、乾燥肌の方がビタミンC誘導体を配合した化粧水を利用する場合にはビタミンC誘導体の濃度に注意しましょう。濃度が低い化粧水なら、皮脂の分泌を抑制しすぎることも少なくて済むのです。また、同時に保湿ケアにもこだわってみましょう。

肌が敏感になっている場合は?

基本的に肌が敏感になっている場合は、ビタミンC誘導体化粧品の使用を控えるのが大切です。肌に良い成分といっても、敏感肌の方にとっては刺激になってしまうこともあります。ビタミンC誘導体の種類によっては、刺激を強く感じる場合とそうでない場合があるので注意してみましょう。基本的に肌が弱い方は、パッチテストをしてから化粧品を利用するのが無難です。肌への刺激が低いビタミンC誘導体として知られているのが脂溶性のビタミンC誘導体なので参考にしてみましょう。

有効に肌に成分を浸透させるコツは?

例えばビタミンC誘導体が配合されている化粧水の場合には、メーカーの推奨している使用量を守ることが大切です。また、推奨している使用量よりも少しだけ増やしてみるのも効果的とされています。メーカー推奨の使用量よりも少ないと、十分に肌へ成分を浸透させることができないのです。ビタミンC誘導体入りの化粧水を有効に利用するなら、メーカー推奨の使用量を意識してみると良いでしょう。また、ハンドプレスをしっかりと行うことで、より高い効果を得ることができるのです。

suisaiでメイクが簡単に落ちる
人気の理由をサイトで確認しよう

ビタミンC誘導体の種類

定番のビタミンC誘導体

リン酸アスコルビルマグネシウムは、水溶性ビタミンC誘導体の定番と言える成分です。一般的には水溶性ビタミンC誘導体とひとくくりにされてしまうことが多いので、ピンと来ない方も多いでしょう。リン酸アスコルビルマグネシウムは皮膚科医でも良く利用されており、臨床例も多いので安心して利用することができます。その為、水溶性ビタミンC誘導体の中でも最も高い効果が期待できると言われているのです。化粧水を購入する場合は、このような成分にも着目してみると良いでしょう。

コストが安いのが特徴

水溶性ビタミンC誘導体にはいくつか種類がありますが、コストパフォーマンスの良い成分がリン酸アスコルビルナトリウムです。短時間で肌に浸透させることができます。コストパフォーマンスの高さと溶かしやすいといった理由から、院内処方に向いているのが水溶性ビタミンC誘導体です。皮膚科医でメインに利用されています。ただ、リン酸アスコルビルマグネシウムに比べると、多少刺激が強い傾向があるので敏感肌の方が利用する場合はパッチテストが必要になるでしょう。保存する場合は、紫外線を避けるようにしましょう。

脂溶性ビタミンC誘導体の特徴

テトラヘキシルデカン酸アスコルビルは、最近開発された成分です。皮膚からの浸透率が水溶性ビタミンC誘導体よりも高く、乾燥感がないのが特徴として挙げられるでしょう。脂溶性のビタミンC誘導体なので即効性には欠けますが、その分しっかりと肌に浸透させることができます。そのため、ジェルやクリームなどに配合されることが多いでしょう。また、脂溶性ビタミンC誘導体の中でも最も優れた成分とされており、長時間作用すると言われています。しっかりと、肌の奥まで成分を浸透させたい方に向いています。

糖とビタミンCを結合

アスコルビン酸グルコシドは、糖とビタミンCを結合させた成分です。ビタミンC誘導体の中でも安定感はトップクラスで、常温でも長期保存ができるのが特徴と言えるでしょう。一般的に安定感のあるビタミンC誘導体化粧品には、このアスコルビン酸グルコシドが配合されています。刺激も低いので、肌が敏感な方でも安心して使用することができるでしょう。持続型のビタミンC誘導体化粧品を利用したいと思っている方は、アスコルビン酸グルコシドが配合されている化粧品を利用するのがベストと言えます。

古くから利用されている

パルミチン酸アスコルビルは、古くから利用されている脂溶性ビタミンC誘導体です。脂溶性ビタミンC誘導体なので、安定感は抜群と言われています。一般的に紫外線を予防しながら利用すると高い効果が得られるとされているのです。そのため、シミやシワなどの対策にも役立てることができるでしょう。また、パルミチン酸アスコルビルは配合の方法によって使い心地などが変わってくるので、自分の好みに合った化粧品を探すことができます。実際に、脂溶性ビタミンC誘導体を配合している化粧品をいくつか試してみるのも良いでしょう。

広告募集中